キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 ブラジリアンワックスのデメリット : 奥が深いブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスのデメリット

ブラジリアンワックスのデメリット

ブラジリアンワックスにはデメリットな部分もあります。

ワックスはかなりベタベタとしているので、セルフでやる場合は扱い方が面倒です。

ブラジリアンワックスの専門店があるので、専門サロンでやってもらう事で対処できます。

ワックスを塗り絡め付いた毛をシートと一緒に一気に剥がします。

この時かなり強い痛みを感じる事があります。

人により痛みの感じ方も違いますが、痛みに弱い人はあまり痛くないほかの部分を試してからデリケートゾーンに進んだほうがいいかもしれません。

基本的に脱毛はどの方法でも、肌や薄く柔らかい部分は痛みを強く感じやすいのです。

ワックスを塗って引き剥がすという、ブラジリアンワックスは強い痛みを伴います。

特に粘膜部分は痛みが強くなる傾向があります。

人にとっては何回か繰り返すうちに、痛みに慣れるので回数を重ねるとそれほど痛みを感じなくなるともいいます。

これも個人差ですが、事前にベビーパウダーを塗っておくと痛みが軽減されるので、対処法はあります。

ワックスで毛を絡め取り、引き抜くので肌が弱い人は刺激が強くなる可能性はあります。

ブラジリアンワックスは基本的に、VIOラインの全てを処理します。

抵抗がある場合は、Vラインを残したり、デザインした形にしたりする事も可能です。

手や足なら自分でもできるから、ブラジリアンワックスキットを購入して、効果がどのくらいなのかを確認しておく事もできます。

全身脱毛したい場合は、専門サロンをおすすめします。

◇記事pickup!- - - →ないほうが清潔で彼も喜ぶ!? ブラジリアンワックスについての体験調査! - Ameba News [アメーバニュース]

このエントリーをはてなブックマークに追加